感動!ニキビ跡をなくすために炭酸パックと一緒にとりたい成分とその理由

ニキビ跡をなくすために炭酸パックと一緒にとりたい成分とその理由

肌ナチュール4

【ビタミンCは美肌には欠かせない】

炭酸パックはニキビ跡に効果があり、クレーターができてしまったニキビ跡に関しても肌をなめらかにして、くすみをなくしてくれるので肌のトーンが明るくなります。炭酸パックを使用するだけでも十分にニキビ跡改善には効果的なのですが、炭酸パックと一緒に摂取したい成分としておすすめしたいのが、ビタミンCです。ビタミンCは皮膚のビタミンと呼ばれるほどで、美肌に関係が深い成分の1つです。強力な抗酸化作用をもっておりメラニン生成を抑制し、できてしまったシミを薄くする美白効果に優れています。またビタミンCは肌のハリ、弾力成分であるコラーゲンやエラスチン生成サポート効果もあることから、肌のハリ、ツヤをアップし、細胞の活性化を促します。さらに肌の炎症を抑える働きもあるので、現在進行形でできてしまっているニキビにも効果的です。オススメ!炭酸クレンジングジェル 肌ナチュールの商品情報

 

【レチノールもニキビ跡には欠かせない】

レチノールはビタミンCと同様に繊維芽細胞を活性化させることができます。この繊維芽細胞は肌のハリ、弾力成分であるコラーゲンやエラスチンを産生する細胞です。ニキビ跡は、肌がクレーターのようにくぼんでしまっているので、その凹みを改善するためにはコラーゲンで肌のハリ、ツヤを補給してふっくらさせる必要があるのです。レチノールは繊維芽細胞の活性化を促進し、肌細胞のターンオーバーサイクルを早めて新しい肌を産生するサポートをしてくれます。

 

【ハイドロキノンでニキビ跡知らずの美肌になれる】

炭酸パックと一緒に摂取したい成分にはハイドロキノンもあります。このハイドロキノンはできてしまったシミやそばかすを薄くする成分として注目されており、シミ消しクリームとして皮膚科で処方されることもあります。ニキビ跡は紫外線を浴びることで色素沈着を起こしてシミに変化することがよくあります。シミになってしまったニキビ跡は、肌のターンオーバーサイクルを早めて古い角質を除去して、新しい肌細胞に生まれ変わることで徐々に薄くなっていきます。ハイドロキノンはシミを直接的に薄くできる成分ですのでシミになってしまった古いニキビ跡を消すのにもおすすめです。